MINI Brochure 1977

現在製作中のMy青ミニ。前後ドラムブレーキで標準のセンターメーター付き。恐らく1980年モデルだと思われます。なので1980年前後のMINIのカタログを探し、あっさり英国で見つかったのでGET。今日はそのカタログをご紹介。

70年代後半の写真がとてもいい雰囲気。

MINIがデビューした頃から1960年代のカタログは写真で構成されたものではなく、イラストのものが多いように感じますが、70年代からのカタログはほとんどのページが写真で構成されています。また、60年代のものより人気がないせいか比較的安価で入手可能です。また、クルマのパンフレット的なものは、カタログ(catalog)やパンフレット(pamphlet)と言わずに “brochure” と呼ばれる事が多いようです。

パンフレットの表紙

パンフレットの表紙

この表紙がまんま青MINI!レイランドエンブレム&エレクトリックブルーのカラーで、これを見つけた時にはかなりテンション上がりました。”Welcome to the best Mini yet” と書いてありますが「いまだ最高のミニの世界へようこそ!」とでもいった意味合いでしょうか。このカタログに発行年を特定できる記載が一切なく、背表紙に “passenger car fuel consumption order 1977” と書かれていて、「1977年に測定したデータですよ」的に捉えると1970年代後半のカタログではないかと思われます。

サルーン850と1000

サルーン850と1000

1ページ目を開くとサルーンの850と1000が載っています。この当時の特徴は、ウインカーレバー&ホーンスイッチが右で、ワイパースイッチが左になってるところです。850はセンターメーターのみで1000はセンターメーターの両脇に油圧計、水温計が装備されています。オートマは1000だけに設定されていたようです。写真に写っている当時のファッションが微妙な感じでこれまたグーです。この時代になるとフロントサイドのレイランドバッジが付いていませんね。

サルーンのインテリア

サルーンのインテリア

インテリアはストライプのモケットシート、ベージュのビニールレザーが選択可能だったのでしょうか?ちなみにボクの青MINIはストライプのモケットシートが付いていますが、使えそうなのはリアシートのみなのが残念なところです。

クラブマン・サルーン

クラブマン・サルーン

そしてクラブマンです。1969年10月に70年代のニューMINIとしてデビューしたクラブマンですが、あまり人気は出ず80年代前半で生産は終了、メトロシリーズにそのポジションを奪われることに。クラブマンは1975年から1,098ccエンジンが搭載されており、オートマに限っては998ccエンジンを搭載。MINIサルーンもそうですが、この頃は運転席側のみドアミラーが付いています。テールランプはバックランプも一体になった3色テールレンズになっています。

クラブマンのインテリア

クラブマンのインテリア

チャコールグレーモケットのシートは野暮ったいですね。

クラブマン・エステート

クラブマン・エステート

クラブマン・エステート、長モノに乗るならコレに乗りたいです。

クラブマン・エステートのインテリア

クラブマン・エステートのインテリア

エステートになるとこの野暮ったさが良かったりします。

クラブマン1275GT

クラブマン1275GT

そして1275GT。FIVEPORTにレストア待ちのGTが眠っているのですが、早く出来上がりを見たいです。12インチホイールが標準装備になっているのはいいんですが、デザインがダサすぎます。GTはドアミラーが左右標準装備されています。説明文の最後が “Safety, with performance and comfort. That’s the Mini 1275GT.” という文章で締めくくられています。そしてエンジンルームの写真がなぜか結構使いこまれた車体のものなのが不思議です。

1275GTのインテリア

1275GTのインテリア

クラブマンは2連メーター、GTは3連メーターが装備されています。

諸元一覧

諸元一覧

写真のページだけではなく、諸元一覧を眺めるのがまた楽しいんです。MINI850のファイナルは3.76だったのか~。とか言いながらニヤニヤしてます。

車体寸法表

車体寸法表

ジロジロ見て下さい。

背表紙

背表紙

背表紙には「SUPERCOVER」というブリティッシュレイランド社のサポートについて書かれていて、「購入後30日以内にユーザー登録してね」的なことが書いてあります。

といった内容でとても興味深い当時のカタログでした。ずーっと眺めていても飽きない面白さです。

コメントを残す