青MINIの進捗状況02

今年のF1モナコGPはイマイチでしたね。それはいいとして、おととい久しぶりにショップへ行ってきました(久しぶりと言っても10日ぶりぐらい。)。わずかながらも青MINIの作業は少しずつ前進してます。してるはずです(笑)ヘビーな修理業務がたて続けに入って、作業がなかなかはかどらない様子ですが、ボクはのんびり気長に待ってます。

少し前の事ですが、ドクター(ショップの社長。一般的に主治医と呼ぶ人が多いようですが、ただの医者より「ドクター」の方がかっこいいので今日からそう呼ぶことにしますw)から電話があり、WEBERの45をゲットしてくれたとのことでテンションがアガリました。

WEBER45DCOE(スペイン製)

WEBER45DCOE(スペイン製)

WEBERにもいろいろあるようで、古いイタリア製は高くてレアとか、排ガス対策前の方がいいとか、対策後のフロートは樹脂製になったとか、現行の新品はダメとか…。対策後ってのは二次エアを取り込むスクリューが追加されています(通称ツノ)。要は二次エアを送り込むことで排ガス中のCOとHCを減らそうって事ですわな。ショップに届いていたのはウォーターブラストをかけてもらって綺麗になった程度のいいWEBERでした♪

当初の予定ではSUツイン1/4を付ける予定でしたが、どうしてもWEBERを付けたかったので、ショップで「WEBER、ウェーバー…。」と言ってたら話しが舞い込んできました。ありがとうドクター!(まだ慣れてない呼び方なので違和感…)なぜWEBERがいいのかと言われると、まだその魅力をよく理解していないので薄っぺらな回答になってしまいますが、あの吸気音がカッコええのです。エンジンフードを開けた時の景観としては、SUツインの方がMINIらしいと思うのですが、やっぱりWEBERの方が格好良いし、性能が良さそう。 ドクターの話ではWEBERの方が始動性が良くてセッティングの幅が広いらしく、SUツインは冬場かかりづらいのと、おいしいセッティングが出せるポイントが狭いそうです。

着々と作業は進んでいるのであった。

話をWEBERから青MINIに戻しますが、作業は着々と進んでいました。その日はルーフの水切り加工、フェンダーのパテ研ぎなど。エンジンルームも綺麗になってました。丸ハダカにされた青MINIを眺めているのがまたムフフなのです。

ムフフなフロントマスク

ムフフなフロントマスク

水切りの穴あけ加工中

水切りの穴あけ加工中

悩みに悩んでカタチを作ってもらった前後フェンダーもいい感じになりそうです。当初は「絶対フェンダーレス!」と思っていたのですが、打ち合わせ時にドクターから叩き出しフェンダーの提案があり、実はかなり半信半疑で、作業途中を見てる時もずぅーっと心配だったのですが、カタチが見えてきたらカナリ納得の出来。まだ完成はしてませんが、何か人と違うオリジナリティを出して欲しかったので、かなり期待しているポイントです。

フロントフェンダー

フロントフェンダー

力作のリアフェンダー

力作のリアフェンダー

少々強引ながらもオーナーの好みを踏まえていろんな提案をしてくれるのがFIVEPORT最大の魅力。任せられるセンスと技術があるので安心です。My青MINIみたいなフルレストアレベルの仕事に限らず、小さな修理や車検時でも完全に悪い部分だけに手を入れるだけではなく、車の状態を見た上でいろんなケースを想定してトラブルを未然に防ぐための提案などもしてくれます(予算に合わせて)。当たり前の事かもしれないけど、その当たり前の事をしてくれないショップがたくさんあるってのが現実。

独りでコツコツと作業をするドクター

独りでコツコツと作業をするドクター

完成はいつ…?

なんてコトは気にシナイ。上の写真を見て下さい。ステキな光景でしょうに♥ 自分の車が時間をかけて少しずつ出来ていく様は、クルマ好きにとってムフフ以外の何物でもありませんよ。もうすぐ梅雨入りだし、塗装には向かない季節…。む?そうすると塗装開始は梅雨明けしてから?!7/8が筆者の誕生日なので7/7の七夕納車の目標がっ!

「完成はいつ?!」なんてコトは気にしちゃだめだめ(笑)

プラス20のピストン

プラス20のピストン

当時物のホイール、DUNLOP・D1を装着予定

当時物のホイール、DUNLOP・D1を装着予定

台車に乗ってゴロゴロー

台車に乗ってゴロゴロー

コメントを残す