青ミニ、大地に立つ!!

久しぶりの更新です。さてさて、梅雨に入って台風が来たりしましたが、青MINIは着々と作業が進んでおります。先日、塗装が完了しました。梅雨入りしたから塗装は進まないだろうと踏んでいましたが、店の休みを外してタイミング良く天気がいい日が続いたので、思ったより塗装作業がスムーズに進んだようです。そして塗装に続いて配線作業、足回りの組み込みが着々と進められています。

最終的な仕様の決定に悩んで悩んで…。

塗装が終わると随分作業が進んだように感じられると同時に、内装や外装など細かい仕様を決める必要があります。と言っても、随分前にけっこう細かいところまで決めていたつもりですが、いざ目の前でカタチができてくるといろんな事に迷いが出て…。作業直前で細かい仕様変更をアレコレお願いしてしまって、結果的にドクターには随分迷惑をかけることになりました♪ そんなワガママにもちゃんと応えてくれるからみんなFIVEPORTが大好きなんですよきっと。

手元にある部品でサクサク作業を進めてしまえば簡単なんですが、「ここはほんとにコレでいいの?!」と作業前に確認の電話をくれます。そんな事聞かれたら悩みますわなぁ。もちろんより良いプランなども提案してくれるので、結果的に良い方向に進むわけです。

青ミニ、大地に立つ!!

そんなこんなでボクの誕生日前日の7月7日、青ミニがついに地面に降りました。まだ中身は空っぽですが、足回りの仮組みをしてタイヤを付けて、ついにウマから下ろされたのです、足元にはDUNLOPのD1を履いて。まぁ~テンション上がりましたね。まだ乗れるわけでもないのに。完全にグフ色なのに、連邦的なタイトルを付けてしまうほどです(笑)。

ドクターが一生懸命にカタチを作ってくれたフェンダーとタイヤのマッチングも見ることができました。フロントはピローボール式のテンションロッドがまだ装着されていないので、ネガ度合いがセッティングされていませんが、バイーン!とネガがかかるときっとモーレツにかっこ良くキマるはずです。

まだ完成していないのに自らかっこいいかっこいい言い過ぎるのもどうかと思うので、後は写真で綴りましょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

といった具合でカッコいい以外の言葉が見つかりませんが(あくまでも個人の感想です)、この段階で既にイメージ以上にイメージ通りに仕上がっていて満足度はかなりのモノです。

すでに思い出がいっぱい

長い時間をかけてここまでたどり着いた青MINIですが、自分としてはすでに思い出がいっぱいです(BGMはもちろんH2Oでお願いします)。

去年の8月に偶然ショップで出会ったところから始まり、最初はエンジン載せ換えだけの予定が全塗装、フルオーバーホール、ボアアップまですることになったり。いろいろ部品を集めるものの、知識不足で使えないパーツがたくさんあったり…(笑)。イギリスから取り寄せたロワアームにカラーが入っていなかったので自分で旋盤かけてカラーを作ったり、ショップに転がっていたスプリットWEBER用のボックスを加工・溶接してWEBER BOXを作ったりと、ほんの少しですが自分の手をかけることも出来ました(ほんの少しほんの少し…)。

ドクターはもちろん、ショップのみんなにも手伝ってもらって少しずつ仕上がっていく青ミニ、完成までもう少し。お楽しみに♪(→自分に)

コメントを残す