青ミニ完成!

2012年7月27日、ついに青ミニが完成しました。

2011年6月、ショップでの運命的な出会いからほぼ1年。やっと完成しました。完成までの道のりや迷いをひとつひとつ辿ると長くなるので、記憶が薄れないうちに青ミニのファーストインプレッションを記録しておきます。

ウルトラスムーズ&トルクフル

7月27日の夜、仕事を終えてショップに行き青ミニを引き取ってきました。キャブがWEBERになったので、エンジンの始動方法をレクチャーしてもらい、名残を惜しむドクターに見送られ夜の街に走り出しました。

シャバに出て最初に給油

シャバに出て最初に給油

+20の新品ピストンが入れてあるので、まずは慣らしから。ドクターの指示通り、MAX3,000rpmを守ってシフトチェンジ。その前にapの強化クラッチ(旧式)も新品なのでクラッチミートにやや手こずる。ELバックライトで白く光るSTACKのステッピングタコメーターの針を見て回転数を確認。WEBER DCOE9のセッティングも良好、念願のWEBER特有の吸気音に胸を躍らせる。

大通りに出てスムーズに4速までシフトアップ。2,000rpmを超えるとミニとは思えないほどスムーズな吹け上がり(といっても3,000rpmまでしか回してないけどw)。きっとダイナミックバランスをとってもらった恩恵だろう。エンジンフィールは超スムーズそしてトルクフル。街乗りでの常用域2,000~3,000rpmは申し分ないトルクを体感できた。3,000rpmを超えた領域のフィーリングが楽しみで仕方ない。

納車が夜だったので、逸る気持ちを抑えて帰宅。自宅ガレージに収まった青ミニをしばらく眺めた後にガレージのシャッターを下ろした。

翌朝、近所のワインディングへ

翌朝、4時に目を覚まし、顔を洗ってガレージへ。早速エンジンに火をいれ軽く暖機。アイドリングが1,200rpmあたりに落ち着いたところで発進。やはりクラッチミートがまだ慣れない。窓を全開にし、クォーターガラスも開け朝の田舎道を走り出す。朝の風が心地いい。

夏は朝に限る

夏は朝に限る

昨夜同様3,000rpmをシッカリ守って信号が少ない広域農道を流す。水温計の針は80℃を指している。水温も問題なし。トラックの多い広域農道とあってアスファルトの轍に注意する。限界まで車高が下げてあるためやや神経を遣うポイントだ。しかしながら全体のスタイルを考えると車高の低さは譲れないポイントでもある。

限界まで下げられた車高

限界まで下げられた車高

しばらく走って以前から気に入っているワインディングに到着。慣らし中と言い聞かせるもののややテンションが上がる。3,000rpmギリギリまで回してトルクフルな走りを楽しみながらゆっくりと数本流した。ややタイトなコーナークリアするとボディの剛性と足回りの動きの良さを感じることができた。間違いなくスポット増し300発の効果だ。前に乗っていたキャブクーパーと同じ車とはとても思えない次元。サーボを外したブレーキの効きは思っていたよりもよく、違和感はほとんどなかった。ノーマルのパッドでこの程度なら高性能パッドに替えたらなんの心配もなさそうだ。

何度かわからないレベルのネガティブキャンバー

何度かわからないレベルのネガティブキャンバー

FIVEPORTに巡り合って知ったミニの面白さ。

ミニに乗り始めて2年、3台目にしてやっと満足できる1台に巡りあった。巡りあったというより、満足できるMINIを希望通りに作り上げてもらった。大げさに言うわけではなく、納得できていないところは一箇所たりともない。これだけのMINIを作り上げてくれたFIVEPORTのドクターは本当に素晴らしいメカニックであり、プロデューサーだと走りながら思った。こんなミニに乗せられてしまってはより一層ミニにハマってしまうことは確実だろう。そう思うと自然と笑いがこぼれた。

360°どこを見てもスキがない青MINI

360°どこを見てもスキがない青MINI

本当に気持ちがいい朝のワインディングだった。

なんちゃって(笑)

とまぁ気取った文章を書いてみたけど、普通に感想だけを書いたら「楽しい!」「かっこいい!」「最高!」としか言えないんですよコレが。もう冷静なインプレなんてできないレベルに喜びと楽しさがこみ上げてきましてネ。

カッコイイ以外の言葉が見当たらない…

カッコイイ以外の言葉が見当たらない…

納車から10日経過してやっとクラッチやアクセル、ブレーキのタッチにも慣れ、これからボクの青ミニLIFEが始まるわけです。ドクターのアツい想いや作業を手伝ってくれたショップの仲間、ブログを読んでくれている人たちの思いが詰まった青ミニ!(そこまで詰まってはないと思いますが…)大切にしていこうと思います。

また、これからもいろんなミニネタを綴っていきますのでぜひお付き合いいただけたらと思います♪ MINI-Mk3.comの第2章のハジマリです。

茶畑をバックに

茶畑をバックに

コメントを残す