電気式スピードメーター取り付け

スピードメーターに悩む

ミニのスピードメーターにずっと悩まされてます。スピードはまぁいいとして、走行距離ぐらいは知りたいですよね。

そもそも、青ミニには60年代NOSのセンターメーターを付ける予定でした。当初はキャブをSUツインにする予定だったので、センターメーターで全く問題なかったのですが、途中からやっぱりWEBERがいい♪ とボクが言い出したためにセンターメーターを諦めることになりました。

STACKのタコメーター(φ80)をどうしても付けたくて先に買ってあったこともあり、スピードメーターもφ80のものを探したのですが、ミニに使えるのはSMITHSのベタなメーターしかなく、それじゃあ面白みがないってことで英国で入手した60年代NOSのφ80スピードメーターを付けてみることにしました。

meter

ん~素敵だ。マイル表示でφ80、恐らくモーターサイクル用のメーターだと思います。クリアの針がたまらなく素敵です。専用のケーブルがなく、ミニのセンターメーター用ケーブルで無理やりなんとか動くように取り付けてもらいました。

ギア比が全く合っていなくて、85km/hですでに80mile/hを指してしまい、高速道路を走ると完全に振り切ってゼロ付近まで針が回ってしまう始末。

たまたま2日続けて高速を走る機会があり、走り終えた後1,230マイルを刻んだところでメーターが動かなくなりました…。

振り切り過ぎてワイヤー切れてた

ダッシュパネルを開けてメーターを見てみると、振りきりすぎたせいでメーターケーブルが切れていました。あまりにもギア比に差がありすぎて使い物にならないので、別のメーターとケーブルを手配。

今度はSMITHSのリプロ品で格安の新品。どうやらロイヤルエンフィールドに使われているメーターらしいです。ひっくり返るほど安い割にはなかなか見た目がGOO♪ クロームのベゼルは仕方ないとしてもなかなかマッチしてます。

image

ケーブルはメーター取り付け部がネジタイプのもので長さ39インチのものを使用。これもやはり合わず、無理やり突っ込んで何とか5マイル刻んだものの全くダメ。

ガレージに眠ってた電気式デジタルメーターを取り付けてみた

もう諦めるか~と思ったのですが、バイク用で持っていた電気式のデジタルメーター(新品)がガレージで眠っていた事を思い出し引っ張りだしてきました。

台湾の「ACEWELL」というメーカーの製品で、値段的には一番安い「ACE-153」てやつ。製品にはメーターケーブルに取り付ける速度センサーが付属していて、ケーブルの回転を電気信号に変えてくれるというものです。このセンサーをミニのメーターケーブルに取り付けてみたら、あらびっくり!偶然にもネジサイズがピッタリ。よって暫定的にこのメーターを取り付けることにしました。

メイン電源、アース、ACCを接続、センサーからのカプラーを接続。簡単に取り付け完了(燃料計、ハイビーム表示、ウインカーは繋がなかったのでグリーンのカプラは使わず)。タイヤの外周でメーターの補正・設定ができるので設定。

しかしながらダンロップSP10の直径486mmから外周を算出し、1526と入力しても激しい誤差。結局走りながらiPhoneのGPSアプリ「HUDManiax」を使って速度を設定。二回設定しなおして、外周1150でほぼ正しい速度を表示しました。

簡易カーナビ HUDManiaX - Miyuki Terui

快適だけどあくまでも暫定的ですから

速度設定もバッチリ、ODDもバッチリ、トリップメーターはA/Bのふたつ使えるし平均時速、最高速、タイマーといろんな機能がついて快適カイテキ♪ でもやっぱりルックスが全体的な雰囲気に合ってなくてイマイチ…。

なのであくまでも暫定的に使います。いまはフトコロが寂しいので買えませんが、電気式スピードメーターがちゃんと使えるとわかったので、最終的にはSTACKのφ80を付けたいなぁー。速度センサーはDAYTONAの電スピ用センサーを使う予定。いつになることやら…。

image

でもこのACEWELLの電気式メーター、値段も安いしセンサーも付いてて取り付けも簡単です♪ クラシックミニ、ローバーミニでも雰囲気的に問題ないって人にはオススメの電気式メーターです。

IMG_1448

コメントを残す