Bring out the BEAST!!

British Leyland Special Tuning

とても萌えーなカタログを入手しました。1969年、ブリティッシュレイランドスペシャルチューニング(以下BLST)発行のパンフレットです。BLSTとはBL社の純正オプションレース用パーツの開発・販売部門で、一般消費者向けにレース用パーツの供給を積極的に行っていました。プロダクションレースやラリークロス、草レースが盛んだったイギリスならではといった感じで、あらゆるレース用パーツを販売していたようです。

「あなたの車がケモノと化す!」

“We’ll bring out the beast in your car.” 表紙のキャッチコピーがイカしてます。もはや車種すら不明ですが、カバーイラストもグーです。

BLST001背表紙には「どこで手に入るか教えたろ!」って書いてあります(笑)BLSTのチェッカー柄エンブレムはお馴染みですね。

Who we are, and what we do.

「オレらが何をしてるかって?」みたいな感じでしょうか。以前の記事にも書きましたが、BL時代は大将のドナルド・ストークスがレース活動に否定的だったとのことですが、商売には一生懸命だったのかBMCが培ったレースでの実績を看板に、レース用パーツも一生懸命売ったんでしょうね。

BLST002

お宝パーツあれこれ

パーツのラインナップはミニだけでなくMaxiやAustin1800、ミジェット、MGB、トライアンフなどBL社の多くの車種用が用意されていたようで、「ここには載せきれねぇぜ!」って書いてあります。一部のパーツだけですが写真を見てるだけでヨダレでますね。このエキマニの曲がりは手曲げかな?BLST003

脈々と受け継がれるミニのレースシーン

背表紙にもあるように、BLST特約店とでもいった感じの提携ショップがあったんですね。個人でパーツを買う事もできるし、近くのショップに行けばチューニングしてくれますよーって感じで、積極的なパーツ供給を行っていた様子が伺えます。社外メーカーだけでなく、メーカーのこういうレースに対する姿勢があったからこそ今日に至るまでミニのレースシーンが生き続けているわけですね。

今週日曜日は瑞浪のYZサーキットでFirst Stageが開催されます。天気が良かったら行こうかな♪

BLST004

コメントを残す