青ミニ、横っ腹に突っ込まれる。

2013年9月11日水曜日、やられました交差点で…。助手席側の横っ腹をやられました。久しぶりのブログがこんなネタで残念極まりないです。

地元では有名な譲り合いが暗黙のルールになっている小さな交差点で、一旦停止した後に譲ってもらえたと思ったボクは交差点に侵入、そしたら横からドカッと。完全に見えていなかったようです。はぁー。社用車でボクの青ミニに突っ込んできたオッサンが事故処理後に涼しい顔で走り去って行った顔は忘れもしません(もう忘れたけど)。なんたって向こうはほぼ無傷でしたから。

ま、もう1週間が経過して、修復に向けて動き始めておりますので、いつまでも落ち込んでは居られません。ただ残念でならないのは、Triplexのガラスと80年式のドア。幸いにもドア以外の車体にはほとんどダメージがありませんでした(厳密に言うとちょっとあるけど)。不幸中の幸いと思うしかないですな。

MyBlueMINI-2

全国に広がるミニ仲間のWA!

11月にはミニデイも迫っているので、のんびりしてられません。そう思ったボクはFacebookの「ミニクーパー好き集まれ!」のグループに部品探しご協力依頼の書き込みをしました。すると、すぐにたくさんの人が「ショップで探してみます〜!」とか「友達に聞いてみます〜」とコメントを返してくれました(涙涙涙)ミニ仲間の繋がりって素晴らしいですね〜♪会った事もないボクの書き込みに即座に反応してくれるなんて(涙涙涙)

Triplexの透明ガラスはもちろん数が減ってきているんですが、どうしても譲れないのがドア。ご存じない方も多いとは思いますが、この当時のドアの窓枠はプレスがかなりしっかりされていて、とても角が立ったシャープな形状をしてるんです。80年代中頃から徐々にプレスがあまくなり、90年代になるとぬめっとした丸い角の窓枠になってしまうのでした。

MyBlueMINI-5

くっきりと角が立った80年式ドアの窓枠

このドアがなかなかないので、なんとかして探したい!と思っていたところ、Facebook上で四国のMkⅢ乗りの方が「知り合いのところにボロいHLがあるので確認してみます!」との連絡をくれました。そしてその翌日、すぐに確認して写真をたくさん送ってくれたのでした。その写真に写るドアは、ボクが求める角がクッキリと立った紛れもない70年後半〜80年初期のドアそのものでした。

ドアが手に入らないと修復作業が進まないということもあり、ボクが急かしてしまったのですが、すぐに解体して丁寧な梱包をして送ってくれました。残念ながらTriplexのガラスは右側しかなく、左側はなかったのですが、このドアが見つかっただけでも大満足です♪

この世知辛い世の中、心優しい方はいらっしゃるんですね。それもこれもミニが繋いでくれた輪ですな。高知のMさん!本当にありがとうございます!

そして早速今日、ショップからドア到着の連絡をもらいました。ボクは実物を見られなかったのですが「使えるで〜!」とFIVEPORTのドクターのお墨付きをもらったので、あとは塗装が上がるのを待つのみです。

が、しかし。室内全体に派手にガラスが飛び散ったため、内装もあれこれやらないといけません。イギリスから取り寄せるものもいくつか…。11月3日のミニデイには間に合うのか?!乞うご期待!

ちなみにTriplexの助手席側ガラスは引き続き捜索中です!「あるよ〜」「譲ってもいいよ〜」と言って頂けるかたはぜひご連絡下さい!お願いします!

MyBlueMINI-4

2 thoughts on “青ミニ、横っ腹に突っ込まれる。

  1. こちらこそ、発送に手間取ってすみませんでした(;^_^A。ミニデイ間に合うとイイですね(≧∇≦)b

    • コメントありがとうございます!
      とんでもないですよ〜。
      とても感謝しておりますm(_ _)m
      ミニデイに間に合うかどうかは…!!!
      今後もMkⅢ仲間としてよろしくお願いします♪

コメントを残す